がんべあの「ぶれない」キャラクター&ストーリーの作り方

創作活動の強い味方「エニアグラム」と「13フェイズ」

「表の性格」と「裏の性格」 本好きの下剋上「マイン」について考察する エニアグラム6w5→1w2

f:id:gunber:20200626081633j:plain本好きの下剋上 第1話「本のない世界」より ©香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会

 

  こんにちは

 みんなと一緒に幸せになりたい

 がんべあです

 

 「エニアグラムの裏表」についての考察

 

 アニメの中に登場する「裏表の性格の差」が激しいキャラクターを分析するこのシリーズ

 

今回取り上げるのは本好きの下剋上」の主人公マイン

 

本好きの下剋上 あらすじ】

現代日本に暮らす本須麗乃(もとすうらの)は、念願である図書館への就職が決まった日に亡くなってしまう。もっと多くの本を読みたかった、そんな未練を抱いた彼女は気が付くと異世界の幼女マインとしての体を持っていた。 物語の主な舞台となるのは、魔法の力を持つ貴族に支配される中世然とした異世界の都市エーレンフェスト。厳格な身分制度の中、現代日本の知識を持つ少女マインが、本を手に入れるために出世していく。

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』より

 

www.youtube.com

 

  単なる異世界チートものではなく、ままならない世界とマインの弱点が描かれている事と、マインが単なる「お利口さん」の性格でない所がとても共感が持てて大好きなアニメです

 

【マイン】

f:id:gunber:20200626081633j:plain本好きの下剋上 第1話「本のない世界」より ©香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会

 

 エニアグラムの性格には裏表があり、困難に追い詰められて「表の性格」では対処ができなくなった時に「裏の性格」が現れると言う仮説があります

 

エニアグラムを知らない方はこちらから

gunber.hatenablog.com

 

 エニアグラムの「円周上の正反対の位置」にある性格が同一人物の性格の表裏と言う仮説ですが、これが不思議なことに意外とあっているのです

f:id:gunber:20200503082247j:plain

 

 マインは性格の差が激しいキャラクター

 

 何故彼女の性格は大きく変化したのでしょうか?

 

 今回のブログではその謎を解き明かしていきたいと思います

 

では早速解説を始めましょう

 
※ネタバレありです、ご注意を

マインの「表」と「裏」の性格 

 
 まずはマインの表と裏の性格について詳しく見ていきましょう
 
 マインの通常の姿は「本を愛する内向的」な性格、しかし時折感情を抑えきれずに「攻撃的」な性格へと変化します
 
 性格が変わる前を「表」、変化後を「裏」として分析していきます
 
 
マイン(表)の性格はタイプ6(堅実家)
 
 通常のマインは心配性で依存性が高いお嬢様気質、典型的なタイプ6の性格
 
マイン:「この街には本屋というものが存在しなかった もしかしたらこの世界に本屋がないのかもしれない…

f:id:gunber:20200626083829j:plain本好きの下剋上 第1話「本のない世界」より ©香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会

 
「本好き」なのでタイプ5(観察者)かとも思いましたが、マインはただ「観察」するのではなく、本を読むために積極的に周りの人々との交流を深めていきます
 
 タイプ5は「一人でいたい性格」、タイプ6は「一人ではいられない性格」
 
 その為、マインはタイプ6、「本好き」な所はウィング(w5)によるものだと判断します
 

【タイプ6】(堅実家)の特徴

 

こだわり=「ルール・堅実・責任感」
 

肯定的な呼び方「絆の人タイプ」

否定的な呼び方「心配性の人タイプ」

 

・心配性で、不安に飲み込まれやすい

・実力を認める人にはいたって従順だが、実力の伴わない上司や体制には反抗的

・友情や絆を求めて積極的に行動する

・考え過ぎで右往左往する

・誠実

・状況に合わせて、自分自身の生き方を変えられる

・孤独が怖くて頼りになる人を探す

・勤勉で礼儀正しい

・人とは付き合い上手だが、自分との付き合い方は下手

・我慢強さが足りず、コントロール不足

 
 更に細かく分析をするとタイプ6の中でもタイプ5寄りの性格6w5(守る人:The Defender)となります
 
【6w5の特徴】

①「6w7より独立的」

②「集めた知識を分析して活用する事が得意」

③「6w7より感情的」

 

【6w5と6w7の見分け方に興味がある方はこちらの記事をどうぞ】

  

次に攻撃的な時の性格、「裏の性格」
 
マイン(裏)の性格はタイプ1(完璧主義者)
 
マイン:「極刑なんて言う相手にどうやって怒りを押さえればいいの?

f:id:gunber:20200626092544j:plain本好きの下剋上 第14話「決着」より ©香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会

 
 人の気持ちよりも思想や概念の正当性を優先する生真面目で融通が利かない性格、この性格はタイプ1の特徴
 
 タイプ1は「怒り」を糧に自身の行動基準を定める傾向があります

 

【タイプ1】(完璧主義者)の特徴

 

こだわり=「完璧主義・理想・正義」

 

肯定的な呼び方「公正な人タイプ」

否定的な呼び方「堅苦しいタイプ」

 

・リラックス下手、怠け方が分からない

・神経質で几帳面

・公正・公平であろうとする

・約束や時間は守る

・シャイで人見知り

・自分の感情を素直に出せない

・気が小さくて臆病

・堅実で現実的

・人にも自分にも厳しい

・柔軟な考え方は苦手

 
 更に細かく分析をするとタイプ1の中でもタイプ2寄りの性格1w2(擁護者:The Advocate)となります
 
【1w2の特徴】

①「人類の行方をよりよいものとすることに純粋に関心をもっている」

②「自分が求める理想や改革のためにはかなり強く主張し、パワフルにもなり得る」

③「w9より気性が激しく、行動的」

 

【1w9と1w2の見分け方に興味がある方はこちらの記事をどうぞ】
 

 

f:id:gunber:20200628075012j:plain

 タイプ6w5と1w2は上図の通り、エニアグラムの正反対の位置にあり、表と裏の関係にあります

 

 表と裏の性格の違い、それぞれの性格の長所短所についてエニアグラム的に詳しく見ていきましょう

 

表と裏の性格、それぞれの得手不得手

 
 マイン(表)(6w5)の性格は基本的にシステムや信念の中に安心を得る一方、懐疑性を保つ(タイプ6)性格、それに加えて専門的な知識に秀でて(タイプ5)います
 
 6w5は目の前の問題に対処し行動する事は得意ですが、その行動の元となる「自分の行動原理」を考えるのはとても苦手な性格

 

ベンノ:「お前はどうして肉食獣の前で無防備に茂みから顔を出すんだ!

f:id:gunber:20200627083440j:plain本好きの下剋上 第11話「決着」より ©香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会

 

 
 表人格の時のマインは「家族」や「ギルベルタ商会の主ベンノ」「神官長フェルディナンド」等、頼れる実力者の庇護の元で自身の行動を定めています
 
 しかし、時折そうした庇護がマインを護れない状況が発生します
 そんな時、マインは自分自身で行動原理を見つけていかなくてはなりません
 
 
 マイン(裏)(1w2)の性格は基本的に理想や高次の原理(正義)を求める(タイプ1)タイプ、それに加えて情熱的で、人とつき合い、政治的なかかわりのギブ・アンド・テイクを楽しむ(タイプ2)性格

 

 

マインの性格が変化した訳

 

 マインの本来の性格(表)であるタイプ6は他人に依存し行動する傾向があり、自分自身で自分の行動を決定するのは苦手

 

 一方、変化後(裏)性格であるタイプ1は他人と行動するのは苦手な代わりに一人で自分自身の「正義」を作り出し、その正義を基準として自身の行動を決めていく事が得意です

 

 マインは庇護を受けられなくなった状況で「自分自身の行動原理を見つける為」に裏の人格であるタイプ1となったのだと分析します

 

 ただマインの裏人格はとてつもなく強力で、その力をコントロールする事が上手くできません

 

 その力を導く役割りが神官長フェルディナンド

 

フェルディナンド:「どの様に役に立てるかは周囲の誘導が必要だ」

 

カルステッド(騎士団長):「あの娘を随分と気に入ってる様だな」

 

フェルディナンド:「む…別に気に入ってるのではない…利用価値が高いだけだ」

f:id:gunber:20200628083505j:plain本好きの下剋上 第26話「夢の世界」より ©香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会

 

 フェルディナンドはマインの裏人格と同じタイプ1w2

 

 マインの裏人格(1w2)を導くにはうってつけのキャラクターです

 

f:id:gunber:20200628074955j:plain

 

マインの成長

 

 ただ、裏の性格はあくまでサブの性格、メインの性格に比べて性能が格段に落ちてしまいます

 裏の性格で一時的に耐えている間に、抜本的な対策をしていく必要があります

 

 抜本的な対策、それは「人が成長する」事

 

 タイプ6のキャラクターが成長する為にはタイプ9の良さ(心の安定)を身につける必要があります

 

 マイン(表)はルッツ(タイプ9)フリーダ(タイプ3)と出会う事で成長していきます

 

f:id:gunber:20200628082511j:plain



【マインの第1段階の成長】 

「心配性」(タイプ6の悪い面)のマインはルッツとの交流の中で「心の安定」(タイプ9の良い面)を学び、安心できる居場所を確立する事ができます

 

マイン:「ルッツは私が消えちゃわなくていいの? 本当のマインじゃないんだよ」

f:id:gunber:20200628080302j:plain

 

ルッツ:「それに1年前からずっとお前だったんなら 俺の知ってるマインってほとんどお前なんだよ…

 

だから 俺のマインはお前でいいよ」

f:id:gunber:20200628080710j:plain本好きの下剋上 第8話「ルッツのマイン」より ©香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会

 

【マインの第2段階の成長】

 第1段階の成長を経たマインは次の成長としてギルド長の孫娘フリーダと出会い、「目的を遂行する実行力」(タイプ3の良い面)を身に着けていきます

 

フリーダ:「私はかまいませんけど…お金は取れる時に取れる所から取れるだけとっておくものよ

 

商売ってそう言うものでしょ」

f:id:gunber:20200628081808j:plain本好きの下剋上 第9話「ギルド長の孫娘」より ©香月美夜・TOブックス/本好きの下剋上製作委員会

 

 現在(2020年7月)時点ではアニメは26話、ようやく貴族の住む世界が見えてきた所

 

 今は「本を読みたい」と言う一心で行動しているマインですが、フェルデナントの導きマイン(裏)がどの様な「行動原理」を見つけていく事になるのか

 

 そしてその「行動原理」を元にマイン(表)はルッツやフリーダの導きで2人と共にどの様な成長をし、活躍をしていくのかお話の展開がとても気になります

 

 マインの前世の姿、本須麗乃(もとすうらの)との関係も非常に気になりますが、アニメが途中なので今回はここまで

 

 まだまだ勉強不足で、勘違いや、解説に至らぬ点も多くあると思います

 疑問点などありましたら是非教えてください

 

 この記事があなたの「創作活動」と「物語を楽しむ事」に少しでもお役に立てると嬉しく思います

 みなさんの毎日が楽しく幸せなものになりますように!

 

 

【参考資料(兼オススメ本)】

 

 「スバルの性格分析ブログ」
 
 このブログの中で、「エニアグラムの円図上で正反対の位置にあるペア(1w9と5w6など)は、実は同じ人格の表裏であるという仮説を立てた」と述べられています
 
 表の性格で対応しきれない問題と直面した時、人は裏の性格を使ってその問題と向き合うのだと説明されていて、実に興味深い内容となっています
 
 詳しい説明は下のリンクから確認してみてください

 

ameblo.jp

 

「究極のエニアグラム性格学―人の性格って、おもしろい!」

 これからエニアグラムを学びたい方にオススメ

 エニアグラムについての知識が体系化されている分かりやすい本

 必要な情報は漏れなく書かれており、読みやすいのに読み応えがある良い書籍だと思います

究極のエニアグラム性格学―人の性格って、おもしろい!

中古価格
¥996から
(2020/1/12 08:49時点)

「新版 エニアグラム【基礎編】 自分を知る9つのタイプ」

 より詳しくエニアグラムの事を知りたい方にオススメ

 いきなりこの本を読むと、その情報量に圧倒されて心が折れそうなるかもしれません

 覚悟のある方は是非!すごい本です

新版 エニアグラム【基礎編】 自分を知る9つのタイプ

新品価格
¥1,870から
(2019/12/11 08:53時点)

鬼滅の刃 過去記事】

gunber.hatenablog.com

gunber.hatenablog.com

 

エニアグラムについてより詳しく知りたい方はこちら】

gunber.hatenablog.com

【ウイングについて知りたい方はこちら】

gunber.hatenablog.com

エニアグラム性格の裏表に関する記事一覧】 

gunber.hatenablog.com