がんべあの「ぶれない」キャラクター&ストーリーの作り方

創作活動の強い味方「エニアグラム」と「13フェイズ」

「表の性格」と「裏の性格」 鬼滅の刃「宇髄 天元」と「煉󠄁獄 杏寿郎」について考察する エニアグラム7w8⇔3w2

f:id:gunber:20220125075533p:plain鬼滅の刃 遊郭編 第8話より ©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable 

 

  こんにちは

 アニメ大好き

 みんなと一緒に幸せを見つけていきたい

 がんべあです。

 

 アニメの中に登場する「裏表の性格の差」激しいキャラクター(や裏表の関係のキャラクター)エニアグラムを使って分析するこのシリーズ。今回の考察は鬼滅の刃に登場する「宇髄 天元」と「煉󠄁獄 杏寿郎」。2人の性格は表と裏。煉󠄁獄 杏寿郎が表の主人公」だとすると「宇髄 天元は裏の主人公」の関係となります

 今は「遊郭編」を見終わって呆然としています。めちゃくちゃ面白かったですね。すっかり天元さんのファンになってしまいました。

 炭治郎煉󠄁獄 杏寿郎と死に別れた後に宇髄 天元の元で闘う姿が描かれるのは物語の上で計算された必然性があります。詳しく見ていきましょう。

エニアグラムを知らない方はこちらから

gunber.hatenablog.com

 

 今回は煉󠄁獄 杏寿郎を主人公として分析を進めます。

 「無限列車編」のお話で煉󠄁獄 杏寿郎は上弦の鬼猗窩座と戦い壮絶な最期を迎えますが、その想いは後に続く者達に託されます。

 「遊郭編」では杏寿郎の想いを継いだ炭治郎・禰豆子・善逸・伊之助の4人が主人公となり、杏寿郎を主人公としたお話が続く構成となっています。

 

そして表の主人公煉󠄁獄 杏寿郎(の代わりの4人)の前に裏の主人公宇髄 天元が登場します。

【煉󠄁獄 杏寿郎】(主人公:3w2)

f:id:gunber:20220127080011p:plain鬼滅の刃 無限列車編 第2話より ©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable 

【宇髄 天元】(裏の主人公:7w8)

f:id:gunber:20220126082129p:plain鬼滅の刃 遊郭編 第1話より ©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable 

 「人はその身が滅んでも、想いを引き継ぐ者がある限り永遠に生きていられる」鬼滅の刃の根本的なテーマが描かれている「無限列車編」と「遊郭編」を分析していきます。

 

 

 裏の主人公とは

 裏の主人公は「主人公の成長」の為に欠かせないキャラクター。

 その役割は「主人公を否定する存在」である事。

 宇髄 天元は物語の当初、表の主人公(炭治郎・禰豆子・善逸・伊之助の4人)を徹底的に否定しています。

宇髄 天元:「いいか 俺は神だ お前らはゴミだ まず最初はそれをしっかり頭に叩き込め ねじ込め 俺が犬になれと言ったら犬になり 猿になれと言ったら猿になれ 猫背で揉み手をしながら俺の機嫌を常に伺い 全身全霊で媚び辛うのだ そしてもう一度言う俺は神だ

f:id:gunber:20220129085934p:plain鬼滅の刃 遊郭編 第2話より ©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable 

宇髄 天元:「お前らはもうここから出ろ 階級が低すぎる ここにいる鬼が上弦だった場合対処できない 消息を絶った者は死んだとみなす 後は俺一人で動く」

f:id:gunber:20220210065154p:plain鬼滅の刃 遊郭編 第4話より ©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable 

宇髄 天元:「お館様の前で大見え切ってたくせに なんだこの体たらくは 誰も鬼化を派手にやれって言ってないぞ」

f:id:gunber:20220210065634p:plain鬼滅の刃 遊郭編 第7話より ©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable 

 その反発の想いは炭治郎達だけではなく、尊敬している煉󠄁獄 杏寿郎にも向けられています。

宇髄 天元:「恥じるな 生きてる奴が勝ちなんだ 機会を見誤るんじゃない

f:id:gunber:20220210061538p:plain鬼滅の刃 遊郭編 第4話より ©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable 

 宇髄 天元「生きている事」こそが正しいと考えており、煉󠄁獄 杏寿郎の「死の意味(炭治郎達に託した意志)」を理解する事ができていません。

 天元(裏の主人公)が炭治郎達4人(主人公を引き継ぐ者=表の主人公)と共闘する事で、お互いに相反する考えを受け入れていくお話が「遊郭編」の基本の流れとなっています。

 その流れを詳しく見ていきます。

 

テーゼとアンチテーゼ

 

 主人公(テーゼ)に対するアンチテーゼが裏の主人公。

 煉󠄁獄 杏寿郎(主人公)は「他人から賞賛されたい(テーゼ)」性格。一方の宇髄 天元(裏の主人公)は即物的な現実を見据え、利益を得るために勝利できる戦略(アンチテーゼ)」を最重視した行動をしています。

 

 煉󠄁獄 杏寿郎は鬼殺隊の柱として「周り(特に父母弟)から評価される」為に行動しています

煉󠄁獄 杏寿郎:「母上 俺はちゃんとやれただろうか やるべき事を 果たすべき事を 全うできましたか

f:id:gunber:20220210050920p:plain鬼滅の刃 遊郭編 第5話より ©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable 

 

 一方の宇髄 天元は周りの評価ではなく「自分が決めたルール」に従って生きようとしています。

宇髄 天元:「俺は派手にハッキリと命の順序を決めている まずはお前ら三人 次に堅気の人間たち そして俺だ

f:id:gunber:20220126065346p:plain鬼滅の刃 遊郭編 第5話より ©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable 

 

「主人公の行動理由(テーゼ)」と「裏の主人公の行動理由(アンチテーゼ)」は正反対、相反する考えがぶつかり合いながら物語が進む、それが物語に裏の主人公が登場する理由です。

【裏の主人公を詳しく知りたい方はこちらの記事で】

gunber.hatenablog.com

主人公と裏の主人公の関係


鬼滅の刃」のストーリーは宇髄 天元にとっては「周りの人々と共感できる道」を見つけるお話、煉󠄁獄 杏寿郎にとっては「(誰かから期待されて進む道ではなく)本心の自分が望む道」を見つけるお話となります。詳しく見ていきましょう。

 

 主人公の煉󠄁獄 杏寿郎の性格はタイプ3w2。

 タイプ3w2(魅了する人)は基本的に目立ちたがり屋(タイプ3)の性格、それに加えて他人の事が気になるおせっかい焼き(タイプ2)な面があります。

【煉󠄁獄 杏寿郎】(主人公:3w2)

f:id:gunber:20220127080011p:plain鬼滅の刃 無限列車編 第2話より ©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable 

 

 一方の裏の主人公、宇髄 天元の性格はタイプ7w8。

 タイプ7w8(現実主義者)は基本的に明るく人生を楽しみたい(タイプ7)タイプ、それに加えて現実的で社交的、人と仕事をするのを好む(タイプ8)性格。

【宇髄 天元】(裏の主人公:7w8)

f:id:gunber:20220126082129p:plain鬼滅の刃 遊郭編 第1話より ©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable 

 

 二人は正反対の性格で得意・苦手も逆転しています。

f:id:gunber:20220215063951j:plain

 

 煉󠄁獄 杏寿郎(3w2:魅了する人)は周りの人々の賞賛を得る為に行動する事は得意ですが、現実の中で自分自身が関心のあるふるまいを見つける事は苦手としています。

 タイプ3は燃えるような「感情」で動きます。しかし物事を「考え」答えを導き出す事は得意ではありません。

煉󠄁獄 杏寿郎:「あんなにも熱心に俺たちを育ててくれていた人が 何故 考えても仕方が無い事は考えるな」

f:id:gunber:20220127080829p:plain鬼滅の刃 遊郭編 第8話より ©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable 

 

 宇髄 天元(7w8:現実主義者)はその逆、「現実」を見据え、利益を得るために勝利できる戦略を練る事が得意。しかし周りの人々の心理を考慮する事は苦手。

 タイプ7は理性的な「思考」で動く為、自分や周りの「感情」を考慮する事は得意ではありません。

宇髄 天元:「地味に引っ張るんじゃねえよ お前はさっき指令が来てるだろうが」

f:id:gunber:20220126064618p:plain鬼滅の刃 遊郭編 第8話より ©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable 

 

 煉󠄁獄 杏寿郎が苦手な「現実世界を見据えた戦略を練る」事は宇髄 天元の得意分野。一方宇髄 天元の苦手な「周りの評価を気にかける」のは煉󠄁獄 杏寿郎の得意とする所となります。

 

主人公と裏の主人公のお話のガイドライン

煉󠄁獄 杏寿郎(主人公)のお話

【ストーリーライン(世界観)】
3w2:「人々からの賞賛を得るふるまい」をしてきた主人公が壁にあたり、その問題を解決するために「自分自身が関心のあるふるまい」を見つけようとする。

 

宇髄 天元(裏の主人公)のお話

【ストーリーライン(世界観)】
7w8:「現実」の利益を得る為に勝利できる戦略を練ってきた主人公が壁にあたり、その問題を解決するために「人々の賞賛」を得ようとする。

 

【7w8と3w2のお話についての詳しい解説はこちら】

gunber.hatenablog.com

 

 煉󠄁獄 杏寿郎(テーゼ)と宇髄 天元(アンチテーゼ)は互いにぶつかり合う必要があります。しかしその戦いは相手を否定するものではなく、新たな道(ジンテーゼを見つける手段でなくてはいけません。

 

 煉󠄁獄 杏寿郎(主人公)に足りないもの、それは「思考の力」。

 煉󠄁獄 杏寿郎「他人」の期待に応えて目の前の事を成し遂げるのは得意ですが、「自分自身」で大局を見て、戦略的に何をするべきなのかを考え導き出す事は苦手としています。その為、無惨を倒すのに必要な何か(ヒノカミ神楽の謎)を見つけ出す事ができません

煉󠄁獄 杏寿郎:「うむ だが知らん ヒノカミ神楽と言う言葉も初耳だ 君の父がやっていた神楽が戦いに応用できたのは実にめでたいが この話はこれでお終いだな」

炭治郎:「あのちょっともう少し…」

f:id:gunber:20220126083338p:plain鬼滅の刃 無限列車編 第2話より ©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable 

 一方の宇髄 天元は煉󠄁獄 杏寿郎が苦手な「状況を把握、考え分析する事で相手の弱点を見抜く」事を得意としています。

宇髄 天元:「てめえらの倒し方はすでに俺が看破した 同時に頸を切ることだ 2人同時にな そうだろう」

f:id:gunber:20220127082025p:plain鬼滅の刃 遊郭編 第8話より ©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable 

 宇髄 天元遊郭編で煉󠄁獄 杏寿郎の意志を継いだ竈門 炭治郎・竈門 禰豆子・我妻 善逸・嘴平 伊之助の4人(※1)と共に堕姫(だき) / 妓夫太郎(ぎゅうたろう)との闘いを繰り広げます。

※1:正確には禰豆子は主人公(煉󠄁獄 杏寿郎)を引き継ぐ役ではなく、主人公(煉󠄁獄 杏寿郎:タイプ3)を導く者(タイプ6)の役割だと思われます。

 

 煉󠄁獄 杏寿郎と宇髄 天元はどちらか一人だけでは鬼舞辻無惨を倒す事ができません。2人がお互いの長所を認め、手を取り合って戦う事で始めてその道は開きます。主人公と裏の主人公の2人が理解し共闘するターニングポイントのお話、それが「遊郭編」なのです。

 

産屋敷 耀哉:「100年…100年の間変わらなかった状況が今変わった (中略) この波紋は広がっていくだろう 周囲を巻き込んで大きく揺らし やがてはあの男の元へ届く 鬼舞辻 無惨 お前は必ず私たちが私たちの代で倒す」

f:id:gunber:20220215062314p:plain鬼滅の刃 遊郭編 第8話より ©吾峠呼世晴集英社アニプレックスufotable 

 

 最後の戦いに向けて盛り上がってきた鬼滅の刃。次の「刀鍛冶の里編」が楽しみでたまりません。

 今回はここまで。

 

 まだまだ勉強不足で、勘違いや、解説に至らぬ点も多くあると思います

 疑問点などありましたら是非教えてください

 

 この記事があなたの「創作活動」と「物語を楽しむ事」に少しでもお役に立てると嬉しく思います

 みなさんの毎日が楽しく幸せなものになりますように!

 

【参考資料】

「究極のエニアグラム性格学―人の性格って、おもしろい!」

 これからエニアグラムを学びたい方にオススメ

 エニアグラムについての知識が体系化されている分かりやすい本

 必要な情報は漏れなく書かれており、読みやすいのに読み応えがある良い書籍だと思います

究極のエニアグラム性格学―人の性格って、おもしろい!

中古価格
¥996から
(2020/1/12 08:49時点)

「新版 エニアグラム【基礎編】 自分を知る9つのタイプ」

 より詳しくエニアグラムの事を知りたい方にオススメ

 いきなりこの本を読むと、その情報量に圧倒されて心が折れそうなるかもしれません

 覚悟のある方は是非!すごい本です

新版 エニアグラム【基礎編】 自分を知る9つのタイプ

新品価格
¥1,870から
(2019/12/11 08:53時点)

 「スバルの性格分析ブログ」

「裏と表の性格」についてはこちらのブログを参考にさせてもらっています。